業務内容

内装解体

内装解体とは、柱や壁などの構造物を除いた内装を解体することを指します。
一般的には、中古住宅のリフォームを行う際や、テナントの契約終了に伴って貸主側に受渡しをする際など、内装のない元の状態に戻すときに行う工事です。どの程度解体するかによって原状回復とスケルトン工事に分かれます。

株式会社ハヤブサでは、全面的な内装解体から床のみ・天井のみの部分的な解体まで、幅広く対応しております。1,000以上の工事から培ってきたノウハウがございますので、お客様のご要望をお聞かせください。

もっと見る

原状回復工事

一般的な賃貸契約では、事務所や店舗の原状回復は借主がその義務を負います。そのため、退去する時にはクロスや床に付いた汚れや傷をきれいに修繕する必要があります。

工事をご依頼される際は、解体範囲や撤去する付帯物、産業廃棄物の処理方法、修繕方法などを貸主と十分に確認しておくことが大切です。

もっと見る

スケルトン工事

スケルトン工事は建物の構造を残して内装を解体する工事で、天井や床、壁、配管などを新調します。柱や梁などの構造体が老朽化によって耐震性に問題がある場合は、補修や補強工事を同時に行います。

このように、スケルトン工事は既存の構造を活かして建物を利用するため、建て替え工事に比べてコストを抑えることができます。

もっと見る

リノベーション工事

リノベーション工事は既存の建物に大規模なリフォームを行って、新築時よりも利便性や居住性を向上させます。

新築を建てるよりも費用を抑えて、理想のお住まいを実現することができます。老朽化した建物やライフスタイルの変化で住みづらくなったお住まいでお困りの際は、リノベーション工事をぜひご検討ください。

もっと見る